2019'09.12.23:23

ヒップホップドリーム

また開いちゃいましたね、申し訳ないです。

時間があればストロングゼロを飲んでいたい…
ストロングゼロを飲んでると幸せです。

しかし体調もそれを許さないし、今あんまり飲んでませんけど…
出来ればずっと飲んでいたい…

●「DOUBLE DECKER!ダグ&キリル」の3巻が10月18日発売です。
そりゃあ少ない部数になることは必須ですので、本屋さんで見かけるのはレアなことになるかと思われます。
ネット書店さんなどでどうぞー。


●最近、漢a.k.aGAMI著「ヒップホップドリーム」を読み終わりました。
ラッパー漢さんの自叙伝です。
2014年に出たハードカバーが今年の夏に加筆されて文庫化されまして、前から読みたかったのでそれを機会に購入。

ラップバトル番組「フリースタイルダンジョン」の初代モンスターとして一般的にも大人気になった漢さん。
私はそのちょっと前「TOKYO TRIBE」という日本初のヒップホップミュージカル映画に出ていた漢さんのフロウを見て気になってファンになったクチです.


この「ヒップホップドリーム」はですね、結構衝撃的でした。
私が思っている日本と文化が違いすぎまして。
ジャパニーズヒップホップ界には独自文化が育っているようで、相撲や宝塚を垣間見た時と同じ衝撃。


頻繁に出てくる「ピース」「マイメン」「クルー」などの私がほぼ日常会話では使わない単語群。
「リアルしか歌わない」を信条とし、ラップバトルで言ってしまったことは実行したり。

対抗する「クルー」と一色触発になったとき自然発生するラップバトル。
ラッパーは誰に見られているわけでもなくてもラップでやりあうんです。
殴り合わずラップ。
ラップ自体が暴力を避けるために生まれた文化とは聞きましたが。

そういえば漢さんに興味を持ちだしたばかりの頃、漢さんが彼の元所属レーベルの問題を告発する会見の動画を見たら、話の途中からいきなりラップになって度肝を抜かれたことがあったっけ。

ラッパーはラップで会話をする!
彼らはリアルでミュージカルの世界に生きている!

ミュージカルは虚構ではない!
実際にこの世の中に存在するんだ!
彼らのリアルは私からするとかなりファンタジーでした。
異世界ファンタジー。


昔は「ロック」といえば社会への反抗の象徴だったわけですが、漢さんの発言を見ているとロックは権威となり今は「ヒップホップ」がそれに成り代わったようです。
しかし昨今のラップのエンターテインメント音楽界での席巻の仕方から見るに、ヒップホップも権威になっていきますね。
次は何が来るんだろう。


雑記:  トラックバック(-)  コメント(0)
2019'08.19.22:41

ハイラ士誕生日

ハイラ

康太のお誕生日ということで、気合い入れて絵を描いてみました。
油絵のブラシでJ.C.ライエンデッカー風を狙って描いたんですけど、よかったのか悪かったのかは分かりません…

でも、またちょっと新しい何かに挑戦した気がしますので個人的には満足です。

Twitterでつぶやきましたら、ドラマCDでハイラを演じてくださった山本和臣さんが、お祝いしてくださいまして。
マメで頭が下がります。
彼の演じるハイラ士は本当にかわいい上に生意気な感じも感じられて、当初特に声などは想像せずに描いてましたけど、ハイラ士の声は彼です。



はー、とりあえず仕事しないと…!
と言いながら全裸監督を見ている…。


追記はメッセージです

 ...READ MORE?
雑記:  トラックバック(-)  コメント(0)
2019'08.10.02:54

脱稿…

暑いですね…。
エアコンを切るタイミングがわかりません…。

やっと脱稿しました…。というかですね…今の環境がですね…いいというのか悪いというのか、ネット連載だしさして人気も無いので原稿が遅れたら掲載自体が延びて落ちることがないのです…

ということで、今回4日も遅れましたね…
まずい。

一番まずいのは集中力ですね。
ほんとにウルトラマン並みの集中力です。
よく漫画描いてるわ、私。
私ほど自堕落な人間はいない気がします…
最早それを直す気もおこらないのですが。

作業をフルデジタルにしたこともあって、ずっとパソコンに向かっていて気が付いたらTwitterを開いたりyahooを開いたりしちゃってる。
対策としては、ネットフリックスのドラマを流しっぱなしにしておくことでしょうか…
あまり画面を見なくてもいいドラマをなるべく探しています。


今回の作画中は1年ぐらい前からの立花孝志さんのyoutubeを見てました。
色んな議員さんが彼を参謀に迎えたいのでは。
立花さんご自身は自分が主役な人なのでやってくれないでしょうけれど。

地方選挙に「N国」から候補を立て、終わると結果の数値を基にして分析、参議院選の勝算を伺う。
ここまで理知的に戦略的に選挙に取り組んで、やりたい事が「NHKをスクランブル放送にする」。
狂人かと。

こちらの記事がそのあたりよく取材されてます→

しかし、立花さんのインタビュー記事を見て、ちょっと納得が行きました。
彼にとっては選挙もギャンブルなんですね。
人生をかけるに値する熱いパトスがたぎる対象ですよw

立花さんがご自身が統失&躁鬱だという動画を拝見しました。
そういう病気を患ってらっしゃる方に向けた経験者が語る対処法だったんですが。
鬱のせいで死にたいという意識をもった立花さんが「どうせ死ぬならNHKをぶっ壊してから…」と思ったと聞いて思わず笑いました。

これは人生をかけるよね。
死のうか死なないかの判断材料なんだもの。

自分がギフテッドだという自信にあふれた時、こうなるのかというのも興味深いです。
生き様をさらしてるあたりはラッパーみたい。

生き様をさらす勇気も経験も面白味も無い私はこういう人注視しちゃうんですよねー。

はー、こういう面白い人を拝見して作品に生かそう。




追記はメッセージのお返事です。














 ...READ MORE?
雑記:  トラックバック(-)  コメント(1)
2019'07.28.02:42

N国…

選挙も相撲も終わりましてね。
楽しみが一挙に無くなりましたね…。

選挙は広島が熱かったことを選挙後に知ってめっちゃテンションが上がりました→
これよ、これ、私が選挙に求めているもの。
もうこれだけでもドラマ。
岸田さんが河井陣営の演説に立ってるのを見た溝手陣営のショックの絵が見えます。
ドラマ化しろよ。

陣営って言葉が好きです。
選挙は戦争だなあと。
人が死なない戦争です。


タイトルにしました「NHKから国民を守る党」。
6年も前からこれを見据えて地方議会に議員を増やして来たN国。
今回比例で1議席を確保。
通常の常識の方は眉をひそめられるのかも…

しかしですね。
今回参議院議員になった立花代表。
彼がAbemaTVの選挙特番で話しているのを聞いてそのクレバーさにビックリしました。
「NHKをぶっ壊す」に引っ張られてイロモノと思ってらっしゃる方も多いかもしれませんが、こちらを見て頂けるとその高い戦略性が見えます→

「NHKにスクランブルをかける」という一点の目的のみになんでその頭の良さの全てをかけるのか…
NHKがスクランブルをかけたら党を解散するとまで言い切る立花代表。

本当に「目的の為に手段を選ばない」という典型。
政党要件を満たす得票率2パーセントは比例で成し遂げられないと踏んで、一人区を狙って候補者を立て与党、既存野党以外の候補者を求めている人達の票を狙ってクリア。

池田信夫氏の言う「選挙制度のバグ」をついた方法で議席獲得までもっていったんですね。

私はNHKの集金人の「え!?ヤクザ!?」と言わんばかりの取り立てを目の当たりにしたことがあります。
あの人件費要らなくない?とも思うんですよね…

それもあって、票を入れはしないもののN国には注目しておりました。

ここ数日の話題としては問題議員を引き込もうというビックリ戦法で未だ大注目のN国。
問題議員であるかどうかもいとわずとにかく多数派を目指す立花代表の「目的の為に手段を選ばない」徹底主義。

正直NHKに金を払おうが払わなかろうが個人的にはどうでもいいんですが、稀にみる頭がいい上に行動力が半端ない狂人っぷりに思わず見とれてしまっています。
漫画的なんですかね。

れいわ新鮮組は政治的理念がありますが、やってることはN国と大差ないと思っています。
次の衆院選がなかなかに恐怖ですね。

選挙はやっぱり面白いです。


雑記:  トラックバック(-)  コメント(2)
2019'07.20.11:13

選挙に向けて

参院選が盛り上がっていないとはいえど21日の8時から私にとってのお祭りが始まります。

テレ東池上さんの選挙特番は録画。
ニコ生の選挙特番を3つタイムシフト予約。
リアルタイムではabemaTVを流しながら、NHKと民放をザッピング。

こんな態勢で臨みます!

相撲の千秋楽もあるし、21日は色々楽しみです…!



追記はメッセージのお返事です。
 ...READ MORE?
雑記:  トラックバック(-)  コメント(0)
 |TOPBack
Copyright © ダム人間雑記. All Rights Reserved.