2007'01.22.18:05

メイド喫茶

メイド喫茶に行ってきました。
初メイド喫茶。
友人から「入っただけで金とられるし、そんなに面白いもんでもないよ」と言われていたけど、やっぱり自分で確かめてみたい。

秋葉原をうろうろ歩いて、みつけたメイド喫茶の看板。
ものすごく雑居ビル。
「ホントにここ?」と思いながら、エレベーターに乗り、着いた先には鉄の扉。目のでっかい女の子のイラストやお店の名前の書いてあるボードが貼ってあるので、ここで間違いないのだが、なんだか入りにくいなあ。

意を決して入ってみると
「ご主人様、おかえりなさいませ~」

むう、これがウワサの「おかえりなさいませ」。

メイド服を着た女の子が寄ってきて
「おかえりなさいませ~。ご主人様は初めてですか?」
おかしなセリフになっとるぞ。

システム説明を聞くと、最初の1時間800円、それ以降は1時間400円。ソフトドリンク飲み放題、駄菓子食べ放題。お食事は別途料金とのこと。

ふーん、と店の中を見渡すと、壁際にはパソコンが4台、その前にご主人様たちが陣取って、みなネットを見たり、ゲームをしたりしながら、うまい棒をむさぼっている。
反対側の壁際には大型テレビが置かれ、ゲーム機がつないである。

真ん中のスペースには沢山の小さなカフェテーブルと椅子。

…これは…学園祭のようだ…

気さくなメイドさんが、席に案内してくれて、注文をとる。
メイドだが、椅子は引かずにご主人が座るのを待っている。
紅茶など頼む。
駄菓子はセルフサービスだ。置いてある駄菓子を自分で持ってきて食べる模様。

まったりうまい棒チーズ味を食べていると、近くのご主人様がなにやら食べ物を頼んで、メイドさんにマヨネーズで字を書いてもらっている。

これがウワサの調味料文字書き。

興味深く眺める。

向こうでは、ご主人様とメイドさんがゲームを始めたが
「もう~、何言ってんの~」的なメイドさんのセリフが聞かれ、ご主人様とメイドとかいう設定はもうどうでもいいんだなあ、と思った。

更にうまい棒コーンポタージュ味を食べていると
「ご主人様のお帰りです!」
との声を聞き、「ああ、お客さん帰るんだ」と思ったら、来たところだった。ややこしい。

帰りは「いってらっしゃいませ~」と送り出され「いってきマース」と店を出た。

総評としては、なかなか面白かったです。
そこのお店の売りなんだろうけど、アットホームで居心地よかった。
放課後の教室のようでした。

今度は是非、執事喫茶に行ってみたいです。

20070127050617.jpg

雑記トラックバック(0)  コメント(6)
 |TOP
Copyright © ダム人間雑記. All Rights Reserved.