2008'12.27.23:02

暗渠の宿/西村賢太

cowgirl.jpg


あっという間に読み終わっちゃいました。
これも西村賢太さんの「私小説」らしいです。
前々回の日記に書いた「小銭をかぞえる」の時にちょっと出てきた話の内容が具体的に明らかになって、ファンにとってはうれしい感じ。
「私小説」とあるだけにいつも主人公は同じ「私」と見え、少しずつ明らかになっていく「私」という人物の物語を追っていくようで、非常に面白いです。

「小銭をかぞえる」のときよりも前の話ですが、相変わらずのクズ男っぷり。
その不思議なまでの自分に対する冷静な客観視と反して、目先のみえないダメすぎる行動にびっくりします。

「私」と同棲している彼女がいるのですが、この人が優しいいい子でこの男にはもったいない。
彼女が読み手に愛らしく思えるように描かれています。

というか、「私」がひどい。ひどすぎる。

彼女が作ったラーメンがぬるいと言っては、罵倒。
大きい方の用を足しているとき彼女が間違ってトイレの戸をあけてしまっただけで暴力。
そして決め台詞は
「この女はもっと私に従順であるべきだと思う。」

加えて、彼女の親から300万もの借金をするわ、彼女にはスーパーのパートをさせているのに自分は何をしているやら、昼から起きだすような記述もある。

そんな状態なのに、彼女は「私」とケンカをしつつもいつも許してあげてかいがいしく世話を焼くのです。

読み手の私の救いは、彼女が登場するお話には毎回(後年に私はこの女にひどい裏切り方をされるのだが)というカッコ書きの文が入っていること。
ああ、いつこの「私」は彼女にこっぴどくやられるのだろう、と期待して西村さんの他の小説を読み漁ってしまいます。…あのカッコ書きはその為の「引き」なんだろうか…


****************************

「人志松本のすべらない話」という番組やってますが。
…すべってますやん。
特に松っちゃんの話…。

スポンサーサイト
読書感想文トラックバック(0)  コメント(0)
2008'12.23.23:53

アメコミの描き方

すっかり遅くなってしまったのですが、ご質問メールを頂きましたので、こちらでそのお話を。

「アメコミの描き方はどこで学べますか?」

というご質問でした。


直接の答えだと「アメリカにジョー・キューバートさんのアートスクールがあるらしい」ということになります。
こちらです→
ジョー・キューバートさんは有名なアメコミアーティストです。

日本ではアメコミの描き方を教えてくれるところがあるのかどうか、私は知りません。

しかし、私はもちろん、アメコミ業界で仕事をしてらっしゃる日本人作家さんで特別にアメコミの描き方を学んでこられた方はいないと思います。

そもそも、まず、何をもってアメコミというか、ということになります。
例えば、日本のマンガ形式でもアメリカで出せばアメコミですし。
そう考えると、日本のマンガの描き方を勉強すればいいことになりますよね。

日本のマンガとアメコミ、大まかな違いはアメコミがカラーである、分業制である、ということぐらいでしょうか。
分業制、と言っても最近はトータルで話から絵まで描く人も結構いるしなあ。

結論として日本で通用するマンガが描ければ、アメリカでも仕事が出来るのではないかと思います。

伝統的なアメコミを学びたいんだ、とおっしゃる場合は上記のアートスクールに留学という選択肢も…と言いたいところですが、海外から生徒を受け入れているか等、私にはわからないです…すみません。


雑記トラックバック(0)  コメント(0)
2008'12.23.22:21

近況

2008winter5.jpg

気がついたら、FC2の広告が出るほど時間が経っていました…

最近の私は…大してなにもしていません…なんでだ。
おかしいな。

■最近読んで衝撃を受けた本

「小銭をかぞえる」西村賢太

私小説だそうです。
それがホントだとしたら、かなり死んで欲しい。
と、思えるほど、主人公の悪びれなさにイライラするのです。
しかし面白い。アッとう間に読み終えました。

そして、この感じどこかで出会ったことが…と思って、はたと思い出したのが、数年前ネットで大評判だった日記「ナミダノイロハキット」のyukimasa君。
彼の日記も読むとあまりの内容に憤慨というか噴飯というか、死んで欲しい等と思ったものですが、よく考えてみると、自分のことを書いているのに他人が読んで確実に書き手が悪いとわからせる文章ってすごくないですか?
しかもあれも文章が上手くて、情景が目に浮かぶぐらいでした。
yukimasa君は…実在するとしたら今頃病院にいるんだろうなあ。


■最近見て面白かった映画

「トロピックサンダー」

あんなハチャメチャなのによく出来てた!びっくり!
ベン・スティラーってすごい。

その後に「ウォーリー」を見たらとても脚本が甘く見えました…。


■最近はまっていること

ニコニコ動画のゲーム実況プレイ。

元々誰かがゲームやってるのを横から見てるのが好きでした。
実況プレイはそんな私にぴったり。

最初は、イケメン変態(褒め言葉)なジョニー日下部さんがゲーム実況をニコニコでやってるのを知って見に行ったんですが、他の方のも非常に面白い。

そして「ときめきメモリアル3」の実況ばっかりみてます。
ゲームをプレイしてもいないのに、もう全てのキャラに詳しくなりました。
今好きなゲームは?って聞かれたら「ときメモ3」って言うかも。
織田まりさんがお気に入りです。
誰か織田さん攻略をアップしてくれないかなあ。



■M-1とか見ました。

面白かったです。
紳助が「知らん名前ばっかりで質が落ちたかと思ったが…」みたいなコメントしてましたが、ほぼレッドカーペットとかで常連の人たちじゃないですか。他の審査員も「今日始めて見たけど」ってコメントが結構あって、最近のお笑い事情をまったくチェックしていない人ばかりが審査員なのかしらん、とちょっと疑問。


雑記トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
Copyright © ダム人間雑記. All Rights Reserved.