2015'01.22.12:17

ギャラリーなの?

●現在公開中のニコニコエースにてTIGER&BUNNYの何かを2ページ描かせて頂いてます。

ニコニコエース


1月27日以降は再掲載作品として2月17日まで載ると思います。
一応連載ということで来月もございますー。

…まだこんなものやるのかよ、とお怒りのタイバニファンもいらっしゃるようで申し訳ない。
でもtwitterで何人かの方に、楽しかったって言ってもらえました!
ホッとしましたです。


●年明けのバーゲンをねー、覗きに行ったんですよ。

いいパンプスないかなーと思いましてね。
前からパンプスを履くと薬指の爪が逝っちゃうんで、みんなこんな痛いの我慢して履いてて女子力半端ねーんだなと思ってたんですが、靴コーナーのおねえさんに
「お客様は幅広で甲が低いので合うパンプスを探すのは難しいかもしれませんね」
と言われました。
おお…
初めて知る自分の特異性。
どおりで。みんなこんなに痛くなかったのか…。
パンプスを諦めてとぼとぼと帰りました。


●映画「アクト・オブ・キリング」を見ました。



この予告編初めてみたけど、よく出来てんな!
映画本編より内容わかりやすいわ!

インドネシアで1960年代に起こったクーデターからの「共産党狩り」。
何百万人も虐殺されたと言われているけど、その話は現地ではタブー。
でも共産党員を殺した人は自分達がしたことは間違っていないと思っていて、聞いてみるとあっけらかんとどうやって殺したかを再現して見せてくれる。
なので、その再現の様子を映画にしてみませんか?って言ったら当事者がノリノリで出演してくれる様子を録ったドキュメンタリーです。

虐殺を行った人達よりも、現在のインドネシアの状況に驚きました。
パンチャシラ青年団という当時の虐殺も実行していた極右民兵組織が現在団員300万人!
実態はヤクザと変わらないということを公言してます。
青年団から政治家も輩出してるし、副大統領とも懇意にしている模様。
この映画を見るとインドネシア怖い!って思います…

当時虐殺を行ったというアンワルさん、彼と仲のいい現在ギャングのボスをやってるヘルマンさんという2人がメインなんですが、この2人のなんと愛嬌のあることか。
この映画のせいで変わっていくアンワルさん。
内容はショッキングなのに、えもいわれぬ美しいシーンが差し込まれ、なんとも不思議な映画でした。


●最近はもう岡田斗司夫氏に夢中…。

毎日ネタが投下される日々。
入院されちゃったんでね…あれなんですが…。
ここから弁舌1つで逆境を覆したら「すげえ!」ってなるんですけど。



雑記トラックバック(0)  コメント(2)
 |TOP
Copyright © ダム人間雑記. All Rights Reserved.