2016'04.25.23:42

すみません…

前回のエントリでハイラの3巻以降難しいかも、と書きましたが、まだ一応決定事項ではないです。

しかしながら、単行本が売れていないので…。

私もできるだけ続けられるように頑張っていきたいと思います。

どうすればいいのかな~。



追記はコメントのお返事です。
 ...READ MORE?
スポンサーサイト
雑記トラックバック(0)  コメント(0)
2016'04.23.00:46

なんとか

3巻を出して頂けることになりそうです。
しかし、その後は難しいかも…。

最近もうあまり色々考えるのを止めました。

●プリンスが亡くなったそうで、ショックですね…。
彼のファンキーな曲が好きでした。
天才はあっけなく亡くなっちゃうなー。

●最近うれしかったこと。
外付けHDDが認識しなくなって修理に出そうと思ったら保証書が無くて。
でも買うより安いかと思ってメーカーに送ったら、無償で新品と交換してくれた!

●今日面白かったこと。
アシスタントさんが「聞いて下さい!最近の若い子は『スーパー攻め様』って言わないらしいですよ!」と言ったこと。
若くないけど言わないなあ…。

地震もう収まっただろうか。
早くみんな健やかに過ごせるといいですよね。
私が出来ること考えたんですが、募金しかありませんでした。
募金しよう。

雑記トラックバック(0)  コメント(1)
2016'04.12.10:55

マンフェス

アニメ「SHIROBAKO」においてマンガフェスティバルというイベントが出てきます。
どうもコミックマーケットをモデルとした大きな同人誌イベントということのようです。
それの説明の仕方が秀逸で。


主人公の務めるアニメ会社が人気漫画のアニメ化作品を手掛けることになったんですが、原作漫画の出版社の担当編集さんがなかなかに問題がある方で、いきなりマンガフェスティバルの1か月前ぐらいにマンガフェスティバル用のプロモーションビデオを作れと言ってきます。
その際の電話のやりとりでマンガフェスティバルをさらっと説明しているんです。
うろ覚えなんでかなり違っているかもしれませんけど。


編集さん  「マンフェスで流すんですよー、プロモーションビデオ。聞いてません?」

主人公の会社サイドの人「え?マンフェス!?」

編集さん  「やだな、マンガフェスティバルですよ、漫画の祭典、通称マンフェス」

会社サイドの人 「知ってますよ!マンフェスまでにプロモーションビデオがいるってことですか!?」


こんな感じのくだりだったかと。


会社サイドの人が「マンフェス?」と聞き返したのはそんな納期で!?という驚きのセリフなんですが、それを編集さんは分かってないのかと思ってマンガフェスティバルを説明する。
でも会社の人も業界の人だし当然マンフェスを知っている。

このアニメ独自の単語を会話で自然に説明するセリフ回しにうなりました。
SHIROBAKOはいろんな部分がかなりリアルだな~と思ってすごく気に入ってます。

…いや~、今自分の漫画の説明セリフがわざとらしいな、と思いながらネームを書いていたんで…\(^o^)/


雑記トラックバック(0)  コメント(0)
2016'04.08.00:27

image.jpeg


ずっとお酒飲んでいたいですね~。桜きれいだし♪
うちのベランダの前の桜がキレイなんですよ~。
今毎日花見状態です(*´▽`*)




追記は頂いたメッセージのお返事です。

 ...READ MORE?
雑記トラックバック(0)  コメント(1)
2016'04.04.23:30

8mile

映画「8mile」を初めて見ました!

最近フリースタイルダンジョンをみているので、本場のフリースタイルバトルってどんなもんかなーと思って。
フリースタイル自体に興味を持ったのがホントに最近なんです。

エミネムはファーストアルバムだけ持ってます。
だってDR.DREが見つけてきて全面プロデュースだって言うから。

でもどうもあの甲高い声がイマイチだったこともあって、以降買うのやめちゃって、鳴り物入りだったけどもまあこんなもんよね、フッと鼻で笑ってたらあれよあれよと大スターに。
私と世間様の評価のずれがこんなところまで…。

しかし!
今回8mileを見てなんで彼がこんなに大スターになったかわかりましたよ。

男前だ!

目がくりっとしたイケメンだ。
あんまり意識したことなかったけど。
だからでしょ!?


デトロイトの小さなクラブで繰り広げられるラップバトル。
周りからはドープなラッパーとか言われてる主人公君はバトルでは一言もしゃべれず敗退。
彼女から「妊娠した」と言われて逃げ出し、帰った実家は母が男を連れ込んでいるトレーラー。

しかしアメリカンドリームだな~。
特に勉強も努力もしないでスターにのし上がっていける。
リリックを書きためるのが努力っていえばそうか。

まあ、エミネム君はよしとして。
D12とかさ。
エミネム君の仲間だからってことでスターになれてしまうという。
まー、Death Rowもそうだったよなー。
アメリカには夢がある。
日本でR指定とかDOTAMAが大スターになる日が来るのかな。
D.Oがスターになったら練マザファッカもスターになるのかな。
あのパフュームとかぱみゅぱみゅのプロデューサーが見出してプロデュースしてくれたらいいのかな。


途中でバカどもが廃屋に火をつけるシーンでみんなで大合唱してた「Roof Roof The Roof is on Fire」ってなんだっけ!?と思って調べてしまった。

これだった。


主人公君が働いてる工場にXzibit様がいましたよ。
なぜかランチの列でラップバトルしてる皆さん。
そんなに根付いてる文化なのか?

主人公君たちはよく車でビギーを聞いてた。ファーサイドのRunnin’もかかってた。
いいよね。
わかるよー。
君らのやってることはよくわからんが。

今回見てて思ったことは、英語って普通にしゃべってても流れる感じだからラップってしやすいんだなあと。
だから自然に出来た文化なんだろうな。
これを日本語でやるのって大変だな~…。

映画感想文トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
Copyright © ダム人間雑記. All Rights Reserved.