2016'05.23.01:05

お芝居

最近趣味と言える趣味がないんですが、ちょこちょこと観劇に行っております。

元はと言えば、タイバニの大人気舞台の追加公演のチケットがたまたま当って見に行ったのが観劇のきっかけでしたねー。
懐かしい。もう3年前かな?



最近見に行ったお芝居。


●ハイバイ「おとこたち」

ここでも何度も書いてますが、ハイバイは一番気に入っている劇団です。
「おとこたち」は去年が初演で、今回は再演でした。初演に続き見てきましたよ。
ちょっと舞台の感じも変わり、舞台の横の席があったのでそちらを取ってみました。

内容は前回と変わらず、4人の同級生の男たちの半生を描きます。
リアルで、笑わせながらだんだん怖くなるお芝居。

今回は奥さんがいながらバイト先の若い女の子と浮気しちゃう男、森田役が岡部たかしさんから松井周さんにチェンジ。
松井周さんの普通な感じが更にリアルになったと思います。
いるいる、こういう適当なヤツって感じがよく出ていました。

松井さんのおかげなのか演出が変わったのか、前回はシンとしていた奥さんの寝言に話しかけるシーンに今回は笑いが起きていました。私からしたら初演で一番印象に残っているほどの怖いシーンだったので、ここが笑えるようになっていたのはすごく意外!

ハイバイのお芝居は自分の人生がこうなるのではと不安に襲われますね。


●「アルカディア」

堤真一、寺島しのぶ、井上芳雄、浦井健治…という有名どころが出るシアターコクーンでのお芝居でした。
私があまり行かない大劇場でチケット代もお高いお芝居!
チケットが取れないと評判のお芝居だったんですが、なんとか抽選で当てて行ったら1階の最後部という俳優さんが豆粒に見える席でした…。

いつも小劇場の最前列あたりで見ている私にしたらびっくりだったんですが、周りの席に座ったマダムたちは手慣れたものでお目当ての俳優さんが出てくるとオペラグラスをさっと出して見てらっしゃいました。

同じ部屋で19世紀で起こったある事件と、それを研究している現代の人々の話が交互に繰り広げられます。
お話自体はわかりやすいのですが、いまいちテンポをつかみきれないまま見てしまいました。
ただ、井上芳雄さん演じるホッジが優雅で目をひかれることと言ったら!
流石ミュージカル界のプリンス。
キャラクターも作品内随一の美味しいいい役で私的にはこのお芝居の全てを彼が持っていったと言っても過言ではないです。


●クロムモリブデン「翼とクチバシもください」

クロムモリブデンは老舗の有名劇団ですが、今回初めて見てきました。
「ああ!これぞ小劇場!」という演出で、お話とは関係なく俳優さんが自ら発する擬音とともに不思議なパフォーマンスが差し込まれます。
…関係あるのかな?わかりませんでしたけど。

お話は殺人を犯した主人公が刑務所にはいるところから始まります。
この世界ではどうやらアンディーという麻薬が流行っているらしい。
主人公は刑務官に「同室になるアンディーの売人の男と一緒に脱獄し、アンディーの流通ルートをつかんでほしい」と言われて…

謎に満ちた状態で進んでいきますが種を明かせば結構単純な構造で、なぜこんなことが起こっているのか、なぜかいつもいる頭にポットを乗せた男の正体などが途中から分かっていきます。

ラストあたりのおかしな動きにセリフを言っているのに後ろで流れる不穏な音楽と状況に逆に戦慄する部分はすごく気に入りました。
悪夢を見たな~と思うお芝居でした。

どうやってこれを考えたかを知りたくて脚本を買ってきました。
やっぱり私も作家の端くれなので、プロットと展開自体が気になるんですよね。
読んでいると脚本だけではあのお芝居ができる感じがしませんねえー。

しかし作品って一つの世界が出来るんだなあ。
世界を、人を、運命を全部作りだすことが出来るってスゴイな~。
楽しいな。


今の予定だと来月の観劇本数がかなりなことになりそうでちょっと不安…


追記は頂いたメッセージのお返事です。







 ...READ MORE?
スポンサーサイト
雑記:  トラックバック(-)  コメント(2)
2016'05.09.16:44

クリミナルマインドで

女の人をさらって、自分の理想のデートを強要したあげく殺すのを繰り返す殺人犯が出てきたんです。
その犯人がさらった女の人のiPodで一番再生されてた曲を調べてかけるんですよね。
私だったら今これだよー!!→

いや、好きだけど!
猟奇殺人犯にさらわれてコレ聞かされたらキツイって…。


クリミナルマインドは内容に役者が参ってしまって降板するって聞いたけど、わかるかも。
被害者の立場にたったら恐ろしすぎるし、犯人側の行動もたまに他人事とは思えないんですよね。

クリミナルマインドの殺人犯には1回目の殺人の快感をもう一度味わいたくて次を殺している人たちがいる。
自分に自信が無い普通の人なんですが、何かのショックなきっかけか仕事なり家庭なりのストレスがかかった結果、誰かの命を自分の自由にできて初めて自信を覚え、またそれを繰り返す。

素養自体はある人多いんじゃないかな。
私はわかります。
でもこういう連続殺人に向かうことって日本人の気質から言って少ないと思いますけど…。



夢王国と眠れる100人の王子様」ってゲームをやってみました。通称「夢100」。
なんとイケメン王子が100人もいますよ。
ショタからおじさんまで各種取り揃えてます!

このゲームをダウンロードしたらアメーバコインくれるっていうんで。
ボーイフレンド(仮)」で使えるコインです。
私の一押しキャラ東雲先輩のガチャのためにコインが必要なのです!

で、夢100をDLしてみたら東雲先輩の声の関智一さんのキャラがいる!
じゃあ、そのキャラを手に入れるためにやってみっか、と思いまして。

ちょうど今、パズルゲームをやってゲーム内コインを稼いで100回ぐらいガチャると関智王子が確実にもらえるイベントやってて。
ゴールデンウィークをつぶしてやってましたよ、ゲーム…。

そして手に入れたんですよ、関智王子。
やったー!と思って彼のお話を見てみたりしたんですが。
…声を聞いても関智さんだとわかりませんでした…。

流石、私が声が聞き分けられないイケメン声ナンバー1。

関智王子は映画監督王子で映画をとるために執念を燃やしている人でした…。
なんだそれ…。惹かれない…。
よく聞くと「ああ、東雲先輩と同じ声だ」と思うんですが、逆にそれが東雲先輩の声で東雲先輩が言わなそうなことを言っている人になってしまい。

そっと夢100アプリを消しました…。

パズル時間かかりすぎるんだよう!

短いプレイ時間の中、気に入った王子は三木真一郎さんが声のおじさん王子。
三木真王子は新しい知識を得ることにしか興味のないイケメンおじさんでした。


どうでもいいんですけど、私にしてみたら関さんも三木さんも若手声優さんで。
アシスタントさんに教えてもらってここ数年で知ったので。

私が知ってる声優さんって鈴置さんとか富山敬さんとか塩沢兼人さんとかだし。
皆さん鬼籍ですが…。

あ、井上和彦さんとか神谷明さんとか水島裕さんも知ってるよ!
イケメン声って言ったらこの3人だよね!



追記はコメントへのお返事です。




 ...READ MORE?
雑記トラックバック(0)  コメント(0)
2016'05.06.00:45

最近「クリミナルマインド」をずっと見てました。Huluで吹替え版の配信が始まったので。
原稿の最中流しっぱなし。
今第4シーズンの途中ぐらい。

いやあ、連続殺人犯って生き生きしてる人が多くてうらやましい。
私も自信を持って何かして(流石に連続殺人してっていうのははばかられた)FBIのプロファイラーに理解されて撃ち殺されたい。

連続殺人犯に殺されるのはな~。結構拷問されたり心理的な圧力をかけて怖がるのを楽しむから嫌かも。
楽に気が付かないように殺してくれるなら。
できればうちの両親が亡くなったすぐ後ぐらいに。

キャストの降板劇があっけなくてびっくりします。
え、それでいなくなっちゃったの?って感じで。
メインキャラの女の子がチームの人のことを家族だって言ってたんだけど、チーム抜けたとたんに家族じゃなくなるんだろうな。
抜けた人の話がその後出てくることほぼないし。



それから映画「レヴェナント」を見てきました。
何この怖い映画。

あらすじをちょっとだけ聞いてたんです。

「怪我をしたディカプリオが足手まといになるからと仲間から見捨てられて生き埋めにされたが、どっこい生きていて見捨てたヤツらに復讐する話」って感じで理解してました。

まあ、間違っちゃいないんですけど。

なので私の想像した「レヴェナント」は…

--------------------------------------------
追手がせまってくるが怪我しちゃったディカプリオは足手まといになってしまう。
自分たちが助かるため無慈悲に生き埋めにする仲間たち。
仲間が去った後、埋めた場所からボコッと出てくる手。

数年後-。
無事に帰って平穏な生活を送っていた仲間の一人が殺される。
そこには仲間たちにしかわからないメッセージが残されていた。

「これは…!」
ディカプリオは生きていて見捨てられた復讐に燃えていたのだ!
仲間全員を殺そうとするディカプリオと仲間たちの戦いが始まる…!
--------------------------------------------

だったんですけど。


実際は映画の大部分を占める部分が私が思っていたあらすじには入っていませんでした…。

大部分は「どっこい生きていて」と「見捨てたヤツらに復讐」の間でした。

埋められた場所から砦までの極寒の大自然の究極サバイバル。
しかも瀕死。
クマにやられてっから(クマとの格闘シーンの怖さと言ったら…!!!私は見ていてあそこでもう死にました)水飲んだら首から水がもれちゃう…!穴をふさぐために自分で首を焼くという荒療治…。

しかもネイティブな部族に追われてて、部族の人ったらものすごい正確に弓矢で射貫いてくるんですよ。
雪だし。猛吹雪になったりするし。川落ちるし。食べ物無いし。
辛い…辛すぎる。

ディカプリオの爽快な復讐劇を見て現実逃避しようと思って行ったのに…。
ラストの格闘シーンでもまた私は死にました…。

ズートピアを見るべきだった…。
しかし近所の映画館では吹替え版しかなくて、ちょっとそれは避けたい…。



最近、酒飲まないとつらいです。
本数増えないようにしないとなー。



追記はコメントのお返事です。
 ...READ MORE?
雑記トラックバック(0)  コメント(0)
2016'05.03.00:51

最近漫画で食べていこうと思うことが間違ってるのかな~と思ったりしますけど。


でも、他に何もできないんですよね~。
私はほんとに物覚えも悪くて、コンビニの店員さんとかものすごく尊敬!です。

パリス・ヒルトンの妹に生まれたかった!
…名前忘れちゃったけど、パリスよりまともなんだよね?

パリスの逸話ですごく大好きなものがあって。
リアリティショーでウォルマートに初めて行って服の安さに感動して沢山買いこむって話。
「服がこんなに安いって知らなかった!」とのこと。

なんじゃそりゃあ!
そう生まれたかった!


はあ、私でも出来る仕事って何かあるのかな~。
工場とかも高校の頃バイトしたことがあって、これ毎日やってる方尊敬…!って感じでした。

これからどうやって生きて行けばいいのかしらん…。

雑記トラックバック(0)  コメント(2)
 |TOP
Copyright © ダム人間雑記. All Rights Reserved.