2017'05.31.00:39

ウォーキングデッド

Huluでウォーキングデットの吹替え版が配信されました。

やったー。

ずっと見たかったけれど、ドラマみたいな長いものは作業のBGVと私の相場では決まっているので、どこでも吹替え版が配信されてなかったウォーキングデッドは見ていなかったのです。

大切な人が死んだら脅威になるのって恐ろしい…。
でも死人より生きてる人の方が恐ろしい…。
それらに容赦ない主人公も恐ろしい…。
ダリルが萌えキャラ過ぎて恐ろしい…。

楽しくて流しっぱなしでもうシーズン6まで来ましたよ。



しかしね。
ちょっとリアリティがない。


死人も生きてる人も細すぎる!


Huluさんには私が見たいような作品が沢山ありまして、その一つ「密着! 殺人捜査リミット48時」を先日見たんです。
アメリカのドキュメンタリーで、殺人事件が起こってから48時間警察の殺人課の捜査を密着するというテレビシリーズです。
2、3本みたら大体若者の衝動的な犯行で「銃がなければ殺人は起こらなかったのにね…」という事件ばっかりだったんですが、それは置いといてもっと衝撃をうけた事が。

今まで結構アメリカの警察ものドラマを見てました。
クリミナルマインドだのCSIだのNCISだの。

それだとですね。
大体こんな体形比率。

刑事1:細
刑事2;細
刑事3:ちょっと太
SWAT:細
被害者:太
証言者:細
犯人:細


しかし「密着! 殺人捜査リミット48時」を見たら

刑事1:太
刑事2:極太
刑事3:太
SWAT:太
被害者:太
証言者:極太
犯人:細


こんな感じでした。
細い人ほぼいない!

この話をしだしたら、ウォーキングデッドどころか、全てのアメリカのドラマがリアリティがないって話になるが。

しかし、あんなに大量に死人が出てきてみんな細いなんて!

あれはアメリカなのか。




あとね。ウォーキングデッドの世界はいきなり死人が生き返って人を襲いだして政府は機能しなくなってしまったようで、生き残った人がそれぞれの地域で勝手に死人の呼び方を考えてウォーカーとかバイターとか腐れ人だとか呼んでるんです。

誰も「ゾンビ」って言わない。かたくなに。

お前らゾンビ知らねえのかよ!ゾンビって呼んだら著作権的な何かが発生するのか!


「シン・ゴジラ」を思いだします。
「お前らゴジラも知らねえのかよ」と思いながら見ました。




追記はメッセージのお返事です。









 ...READ MORE?
スポンサーサイト
雑記:  トラックバック(-)  コメント(1)
2017'05.20.19:57

スプリット

来ました!シャマラン監督のスプリット

楽しみにしてました!
見てきましたよー。

さすがシャマラン監督。
シャマラン監督でなければ許されない感じのこの展開。
定番だったらこうくるよね、をいびつに外してくるあたりがシャマランファンにはたまらないでしょう。


毎回思うのはシャマラン監督のキャラ配置の上手さ。

「ハプニング」は主人公、その彼女、主人公の親友の娘、というのがメインの布陣。
主人公の娘だと無条件の愛になっちゃうけど、それが親友の娘というあたりが素晴らしい。

今回の「スプリット」の主人公はクラスのはぐれものの女子高生。その子をお情けで自分の誕生会に呼んであげたクラスの人気者の女の子とその取りまきの女の子の3人が誕生会の帰りにいきなり丸坊主の男にさらわれます。
ちょっと何考えてるのかわからない変わりもので個性的な子を主人公に据えて対照的なスクールカースト上位の子を一緒に持ってくるあたりいいですねー。

その関係性の見せ方も、そこから3人がさらわれてしまうまでもスピーディで演出の上手さに舌を巻きます。


その後の展開については、賛否両論あるだろうというのは想像に難くないですが、私は許す…。
シャマランさん好き…。
ホラー、サスペンスだと思って見に行くと肩透かしかもしれません。
そんな宣伝の仕方だけれど。しょうがないけど。



シャマラン監督がまたもや「見た人は衝撃のラストを内緒にしていて欲しい」と言ってますが…。

今回の衝撃のラストは意味違うから…。

あのラストのせいでこの映画自体の評価がしづらくなるっての。
笑っちゃったじゃん。

私の前の席の1人で見に来ていた人が最後まで見て「マジか!」を連発していました。



追記はメッセージのお返事です。



 ...READ MORE?
雑記:  トラックバック(-)  コメント(1)
2017'05.17.00:00

タートルズ…

イラストを担当させて頂いている「オッサン(36)がアイドルになる話」のキャラ絵がPASH!のサイトで公開されました→

これを見た友人に「足の長さ普通ですね」と言われました。

うん、タイバニのコミカライズをするにあたってサンライズさんに出すキャラ絵は足の長さで何度もリテイクきたからね…。
主人公の虎徹さんなんかは私的にびっくりするぐらい足が長くて。
とにかく足を延ばしたのを覚えています。



先日「タートルズはキャラがたってるからどんな映像作品でも面白いのでは」と言ったんですが。

すみません。
そんなことはなかったです。

今日、2014年のマイケル・ベイ製作の実写映画を見たんです。
2016年公開の2作目の方だけ先に見ていて「プロットめちゃくちゃだけどカメがなんて可愛いんだ」と思っていたので期待して1作目を見ました。


こりゃひでえ。

プロットめちゃくちゃな上カメが可愛くない。

いや、見た目は一緒ですけど、個性が全く描けていない。

なぜどうでもいい役にウーピー・ゴールドバーグを使って製作費を無駄遣いしているのか。
他に考えることあるだろう!

アクション映画なのにアクションのシーンで寝てしまった…。


これ見たらニコロデオンのアニメはホントよく出来てる。
あれは奇跡なのか?
テレ東さん、是非第2シーズン以降もやってください!


雑記:  トラックバック(-)  コメント(1)
2017'05.11.18:01

動画三昧

ずっっっと動画を見ています。

ぶらり路上プロレス

Amazonプライムオリジナルコンテンツ。
一気に全話見ました。

プロレスラーが街で名物などを食べ歩き紹介していると突如敵プロレスラーが襲ってきて街中でプロレスが始まります。

こういうノリ大好き。
DDTって見たことなかったしいい機会でした。
男色ディーノさんはエンターティナーですね。
高いところからのムーンサルトプレスは飛ぶ側が地面に落ちると大惨事になるので、受ける側がみんな落ちてくる地点に集合して手を出して受け止めるという不思議状況w
あと、脚立をラダーと呼ぶことを知りました。

伊橋剛太試練の5番勝負は大傑作。



●妖怪ウォッチ

数ヶ月に一度、溜まった妖怪ウォッチをHuluで流して見るのが定期イベントみたいになっています。
とにかくウィスパーがかわいいのです。
うちに来て欲しい。
話相手になってくれるだけでいいです。
実際彼の能力はそれぐらいだけれど。



ミュータントタートルズ(2012年版)

ニコロデオン製作のテレビシリーズ。

タートルズってそんなに触れてこなかったんですが、去年公開の実写映画2作目を見てから気になってました。
あんな凶悪な見た目なのにカメかわいかったんですよね。
というか逆に「カメがかわいい」という評価ポイントしかなかった映画。

Amazonプライムで2012年版のアニメ第1シーズンを全話見られるので、BGVとして流してみました。

これがですね。


カメがかわいい。


こちらはキャラクター性だけでなく、見た目も可愛いですよ。
エイプリルの見た目が怖いけど。

タートルズはキャラがよく出来てるとそれだけでお話が持つという好例の作品。
映像作品数ありますが、どれもきっと面白いんでしょう。
キャラが立ってるから。
これだけ長く続くコンテンツなのもわかる。

とても勉強になります。

お気に入りはレオナルドです。



追記はメッセージのお返事です。


 ...READ MORE?
雑記:  トラックバック(-)  コメント(0)
2017'05.07.23:57

久々にワクワクしました。

亀田興毅に勝ったら1000万円見ました。

ずっと楽しみにしてて、夕食もそこそこにパソコンに張り付きました。
途中でサーバー落ちたりしたのもなんだかイベント感。

挑戦者がどいつもこいつも試合が終わったとたんいい人になった。
調印式とやらが一番面白かったなあ。
何も考えないで楽しめました。

6月まで見られるらしいです→



●ゲスの極み乙女がアルバムを出すらしいですよ。

謹慎とか言ってる間にちゃんとアルバム一枚作ったんですよ、絵音君は。
えらいなー。
私なんか謹慎もしてないのに何も出来ていないのに!



●うちのお猫様。榊原エンリコ・ロドリゲス。

これ撮ったあと手を噛まれました。
IMG_2482.jpg



雑記:  トラックバック(-)  コメント(1)
2017'05.06.23:31

GWも終盤ですねー。

いかがお過ごしでしょうか。
私はずっとゴールデンウィークみたいなものなので「外混んでるな…」ぐらいの感想なのですが。

とりあえずなんか実家に帰って参りまして。
なんだか実家だと夢見がいいんですよね…敷布団2枚ひいてるからか?
起きるとがっくりします。


近所の公園に行ってきました。


富士山がよく見えました。
IMG_2479.jpg


公園にいたもみちゃくんすーぱー。
IMG_2472.jpg


雑記:  トラックバック(-)  コメント(0)
 |TOP
Copyright © ダム人間雑記. All Rights Reserved.