2017'05.20.19:57

スプリット

来ました!シャマラン監督のスプリット

楽しみにしてました!
見てきましたよー。

さすがシャマラン監督。
シャマラン監督でなければ許されない感じのこの展開。
定番だったらこうくるよね、をいびつに外してくるあたりがシャマランファンにはたまらないでしょう。


毎回思うのはシャマラン監督のキャラ配置の上手さ。

「ハプニング」は主人公、その彼女、主人公の親友の娘、というのがメインの布陣。
主人公の娘だと無条件の愛になっちゃうけど、それが親友の娘というあたりが素晴らしい。

今回の「スプリット」の主人公はクラスのはぐれものの女子高生。その子をお情けで自分の誕生会に呼んであげたクラスの人気者の女の子とその取りまきの女の子の3人が誕生会の帰りにいきなり丸坊主の男にさらわれます。
ちょっと何考えてるのかわからない変わりもので個性的な子を主人公に据えて対照的なスクールカースト上位の子を一緒に持ってくるあたりいいですねー。

その関係性の見せ方も、そこから3人がさらわれてしまうまでもスピーディで演出の上手さに舌を巻きます。


その後の展開については、賛否両論あるだろうというのは想像に難くないですが、私は許す…。
シャマランさん好き…。
ホラー、サスペンスだと思って見に行くと肩透かしかもしれません。
そんな宣伝の仕方だけれど。しょうがないけど。



シャマラン監督がまたもや「見た人は衝撃のラストを内緒にしていて欲しい」と言ってますが…。

今回の衝撃のラストは意味違うから…。

あのラストのせいでこの映画自体の評価がしづらくなるっての。
笑っちゃったじゃん。

私の前の席の1人で見に来ていた人が最後まで見て「マジか!」を連発していました。



追記はメッセージのお返事です。



 ...READ MORE?
雑記:  トラックバック(-)  コメント(1)
 |TOP
Copyright © ダム人間雑記. All Rights Reserved.