2017'02.26.00:26

悪の教典


貴志佑介さんの「悪の教典」を読んでいます。
貴志佑介さんは大好きです。

「新世界より」を読んでかなり感銘を受けました。
上巻の、何も分からない世界の怖さと言ったら。

その後、「黒い家」や「青の炎」「天使の囀り」(天使の囀りは必見。みんなに薦めたいです。もうね…この怖さはみんなで共有するしか…!)など色々読んできました。やっぱりホラーを描ける人はエンタメをよくわかっているし、それ以外のジャンルでも引き込まれてしまうもの書きますよね。先日話していたシャマランもそうだと思います。勉強になる!
最近は読書自体からちょっと遠ざかっていたので無職のこの機会に、と思って「悪の教典」を読み始めました。

…とにかく登場人物が多い…。
学校が舞台ですが、先生ですら20人以上、生徒に至っては主人公の教諭が担当している1クラスに飽きたらず他のクラスの子まで出る始末。
「この人誰だっけ?」と思ってはページを戻って確認するので、これはいかん、と人物表を作り始めました。
貴志さんも表作って書いてたんだろうな。

まだ上巻なんですが面白いです!
最近私の中でブームのサイコパス大活躍。

惜しむらくは映画を先に見ちゃったこと…。
先に小説読むべきだったなー。
しまったなあ。




追記はメッセージのお返事です。




>宮澤さま

歯ブラシ使うといいんですね…!
私も色々試してみようと思います。
失敗しても色を落とせるらしいと聞いてちょっとホッとしています…(;´∀`)
なにか作るという行為自体が今まで気が付かなかったことを気づかせてくれるので、なんでも勉強になりますねー。

山本さんといえば乱藤四郎君ですよねー。
ワンフェスで「流行っている割にはとうらぶのフィギュア見かけないなー」と思ったなか、目についたのは乱君でした。
何体か見ました!やっぱりひらひらした服装で可愛いからディーラーさんも作りたくなるのかしら、と。
ディーラーさん圧倒的に男性が多いですもんね。

山本さんは男の娘的な役より少年役がホントに好きです。
なんて可愛いんだろう…と思いました…。
スポンサーサイト
雑記:  トラックバック(-)  コメント(1)
Next |  Back

-

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/02/26(日) 11:51 | | [ 編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
Copyright © ダム人間雑記. All Rights Reserved.