2017'10.25.20:14

仁義なきキリスト教史


架神恭介著「仁義なきキリスト教史」を読みました。

架神恭介さんは先日ここに書いた「戦闘破壊学園ダンゲロス」の原作者です。
ダンゲロスで架神さんに興味を持ったところ、この本の存在を知って読んでみました。

キリスト教をやくざ組織に例えて書いた小説ですw
それだけ聞いても面白そうで。

実際は非常に真摯にキリスト教に取り組んで書かれた本です。
「ここは創作で、ここは誇張されてます!」と逐一解説が入ります。
そして信者には書けないであろう冷静な外部からの目線で描かれたキリスト教で非常に読みやすい。

しかし、教徒=やくざ(キリスト教ならキリスト組のやくざ、イスラム教ならイスラム組のやくざ)なので、後半になると「ほぼほぼ皆ヤクザじゃん…」って状態になってしまいますけど。


中でも一番面白かったのが「第4回十字軍」の話。
「最も残念な十字軍」らしいです。

エルサレムをイスラム教徒から奪還しに行くぞ!と行軍したものの、ヴェネツィアで作らせた船代に困って停滞。
ヴェネツィアの総督に「最近うちから独立した都市を奪還してきてくれたら借金返済を待ってやる」と言われて、キリスト教の都市なのに攻め込んで…と金が無い為に身動きが取れなくて当初と違う戦争に突き進んでしまう様がバカバカしくて何とも。

あとは神様が何か気に入らない事があると信者をぶち殺す「出エジプト記」も面白かった。

キリスト教はほぼノー知識の私にはうってつけの入門書でした。
キリスト教の逸話に興味があれど何から読もうかと思っていたので、とっかかりが出来て大変ありがたい本でした。




読書感想文:  トラックバック(-)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
Copyright © ダム人間雑記. All Rights Reserved.