2017'11.19.21:34

「ザ・コンサルタント」と「マイティ・ソー バトルロイヤル」

2本映画を見ました。

■「ザ・コンサルタント

日本では今年公開だったのかな、DVDで見ました。
高機能自閉症の星、会計士のクリスチャン・ウルフさんが主人公。
ウルフさん、無敵であります。
会計士なのにムッキムキのベン・アフレックさんです。

こんな自閉症いるんだろうか?
大変臨機応変さが求められておりましたが…。

しかし、ツッコミどころが少ないプロット、ラストのあっと言わせる種明かし、よく出来た映画でした。

個人的に気になったのは主人公の敵役。
ウォーキング・デッドのシェーンさんじゃありませんか!
出世したなあ~。
「パニッシャー」も主演みたいだしな。
「ザ・コンサルタント」はかなりの高収益で次作も決まったようですし、また出てくるかなあ、シェーン。

しかし、主人公のクリスさん、めっちゃいい会計士です。
この人に頼みたい…。
紹介してほしい。
絶対税金安くなる…。

シリーズとして続きそうな良作でした。



■「マイティ・ソー バトルロイヤル

IMAXで見てきました。
ちっともバトルロイヤルじゃありません。
予告でもガンガン見せてるハルクさんとのバトルしかありません。
元々副題「ラグナロク」だし…「ラグナロク」じゃダメだったのかな。
かっこいいじゃん。

マイティ・ソーの映画は3作目です。

1本目の私の感想「あ、そう…」
2本目の私の感想「ひでえ…」

でした。(ファンの方いたらすみません)
あ、でも2本目でロキというキャラの萌え具合はわかったかな。

今回は今までの神話ベースという重厚感を除いてコミカルなアクション大作になったということで期待して見に行って来ました。

…うーんギャグ滑ってないか。
これは私が日本人だからなんだろうか。

イマイチ笑えない。

そしてとっちらかっている。

まあ、ハリウッド大作らしくラストでキチンとまとめて来た感はあるのですが。


帰ってウィキを見て色々驚いたことが。

始めの方で、前回の2で起こったことを劇にしてオーディン(ロキ)が目の前で上演させている、というシーンがあります。
そのロキ役がマット・デイモン、ソー役がソーを演じているクリス・ヘムズワーズのお兄さん、オーディン役がサム・ニールだったそうで。
なんだ、その豪華なの。
全く気が付かなかったって。

そもそも私はマット・デイモンは「インターステラ」を見た時に後半に出てきた博士がマット・デイモンと気が付かなかったぐらい、マット・デイモンを見分けられない人間です。

あと、結構重要なハゲの小悪党が出てくるんですけど、それがカール・アーバンだとも気が付きませんでした。
こちらは大多数の方が気が付かないと思いますけど。

なんだかんだと言ってますが、楽しんで見てこれたかな。
今までのソー映画では一番の出来かと思います。



映画感想、と思ったんですが、キャストの話ばっかりしてますね…。

映画感想文:  トラックバック(-)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可
Copyright © ダム人間雑記. All Rights Reserved.